• 11/07/28 ARCTIC MONKEYS

    本日はスペシャルゲストに来て頂きました。
    明日から始まるFUJI ROCK FESTIVALの出演する、ARCTIC MONKEYSのメンバーが来てくれました。
    ヴォーカルのALEXがADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのライダースを気に入ってくれたようで、
    明日のフジロックでうちのライダースを着てくれると言っていました。

    もし本当に明日ALEXがダークブルーのシングルライダースを着ていたら、
    それがADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのジャケットなので、明日行く方はぜひ注目して見て下さい。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE
    石嶋 聡

  • 11/07/28 ARCTIC MONKEYS

    本日はスペシャルゲストに来て頂きました。
    明日から始まるFUJI ROCK FESTIVALの出演する、ARCTIC MONKEYSのメンバーが来てくれました。
    ヴォーカルのALEXがADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのライダースを気に入ってくれたようで、
    明日のフジロックでうちのライダースを着てくれると言っていました。

    もし本当に明日ALEXがダークブルーのシングルライダースを着ていたら、
    それがADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのジャケットなので、明日行く方はぜひ注目して見て下さい。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE
    石嶋 聡

  • 11/07/12 HIGHWAYMAN VINTAGE BULE JACKET

    本日2着目はありそうでなかなか無いハイウェイマンのこちらです。

    HIGHWAYMAN EARLY 70’s MANILA BLUE SIZE 36 Mint Condition SOLD

    ダブルの伝統的なブリティッシュデザインと言えばルイスレザーのライトニングを想像すると思いますが、
    当時ほとんどのブランドがこのデザインのジャケットを発表していました。
    ライトニングより着丈が少し長く各パーツのバランスが異なる為、
    同じデザインでも着たときの印象がかなり違うのが、このハイウェイマンのマニラです。
    現存しないブランドなのでルイスレザーに比べて知名度はかなり劣りますが、クオリティーは申し分ありません。
    シルエットの好みなどを除けばほぼ同じクオリティーです。

    ルイスレザーのライトニングに関してもそうですが、パッド付きジャケットに比べ色物は非常に少ないです。
    ライトニングやマニラもそうですが、なぜかまだ赤のほうが過去数多く見てきました。
    今回のマニラがブルーで36インチ、更にミントコンディションとなれば、どれだけの条件が揃っているか、
    少しでも詳しい人ならわかると思います。

    革は先ほどのスーパーモンザと違い、暑くも薄くもない牛革です。
    ただしかなり柔らかい革なので、ストレス無く着用可能なジャケットです。
    ライトニングなどシープスキンのジャケットに慣れている人でも気に入る革だと思います。

    ミントコンディションと書いてあるだけあって、ほとんど着用していないような状態です。
    右胸ポケットの裏地が少しだけ破れていますが、まず使用しない部分なので問題ないでしょう。

    ルイスレザー以外は興味が無いという人には無理にお勧めしませんが、
    ある程度UKヴィンテージを見ている人ならどれだけ同じものが無いかわかると思います。

    興味のある方は直接価格やサイズ、状態などの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/07/12 HIGHWAYMAN VINTAGE BULE JACKET

    本日2着目はありそうでなかなか無いハイウェイマンのこちらです。

    HIGHWAYMAN EARLY 70’s MANILA BLUE SIZE 36 Mint Condition SOLD

    ダブルの伝統的なブリティッシュデザインと言えばルイスレザーのライトニングを想像すると思いますが、
    当時ほとんどのブランドがこのデザインのジャケットを発表していました。
    ライトニングより着丈が少し長く各パーツのバランスが異なる為、
    同じデザインでも着たときの印象がかなり違うのが、このハイウェイマンのマニラです。
    現存しないブランドなのでルイスレザーに比べて知名度はかなり劣りますが、クオリティーは申し分ありません。
    シルエットの好みなどを除けばほぼ同じクオリティーです。

    ルイスレザーのライトニングに関してもそうですが、パッド付きジャケットに比べ色物は非常に少ないです。
    ライトニングやマニラもそうですが、なぜかまだ赤のほうが過去数多く見てきました。
    今回のマニラがブルーで36インチ、更にミントコンディションとなれば、どれだけの条件が揃っているか、
    少しでも詳しい人ならわかると思います。

    革は先ほどのスーパーモンザと違い、暑くも薄くもない牛革です。
    ただしかなり柔らかい革なので、ストレス無く着用可能なジャケットです。
    ライトニングなどシープスキンのジャケットに慣れている人でも気に入る革だと思います。

    ミントコンディションと書いてあるだけあって、ほとんど着用していないような状態です。
    右胸ポケットの裏地が少しだけ破れていますが、まず使用しない部分なので問題ないでしょう。

    ルイスレザー以外は興味が無いという人には無理にお勧めしませんが、
    ある程度UKヴィンテージを見ている人ならどれだけ同じものが無いかわかると思います。

    興味のある方は直接価格やサイズ、状態などの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/07/02 DARK BLUE CYCLONE !!

    本日は新入荷のヴィンテージジャケットのご紹介です。
    久しぶりに入荷したダークブルーのこちらです。

    Lewis leathers AVIAKIT  70’s CYCLONE  DARK BLUE Size 38 SOLD

    ダークブルーでこのサイズのサイクロンの入荷は久しぶりのような気がします。
    裏地がコットンキルティングだから交換されていますよね? なんて質問される方もいるかもしれませんが、
    サイクロンでこの裏地もあるんです。

    そして今回のサイクロンの特徴は色と革です。
    まず色ですが、画像でもわかるとおり青味の強いダークブルーカラーです。
    黒っぽい濃紺ではなく青味のあるサイクロンをお探しの方にはこれ以上のジャケットは無いと思います。

    革は若干薄手で非常に柔らかい牛革です。重々しい迫力は無いのですが、
    非常に着易くヴィンテージ特有の丁度良いアジも出て抜群に良い雰囲気です。
    実は、このサイクロンに使われている革を完全にではありませんが、ある程度イメージして作ったのが、
    何度か発売したADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのHORSEHIDE DARK BLUEジャケットです。
    経年変化の仕方は馬革と牛革の違いや仕上げの違いで変わりますが、羽織ったときの雰囲気はとても近いです。
    もちろんこの手の革はサイクロンだけに使われているのではなく、
    同時期のライトニングやブロンクス等にも使われています。

    これから夏になり本格的に暑くなりますが、寒くなるまで待っていてはこれくらいのレアピースは手に入りません。

    興味のある方は直接価格やサイズなどの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/07/02 DARK BLUE CYCLONE !!

    本日は新入荷のヴィンテージジャケットのご紹介です。
    久しぶりに入荷したダークブルーのこちらです。

    Lewis leathers AVIAKIT  70’s CYCLONE  DARK BLUE Size 38 SOLD

    ダークブルーでこのサイズのサイクロンの入荷は久しぶりのような気がします。
    裏地がコットンキルティングだから交換されていますよね? なんて質問される方もいるかもしれませんが、
    サイクロンでこの裏地もあるんです。

    そして今回のサイクロンの特徴は色と革です。
    まず色ですが、画像でもわかるとおり青味の強いダークブルーカラーです。
    黒っぽい濃紺ではなく青味のあるサイクロンをお探しの方にはこれ以上のジャケットは無いと思います。

    革は若干薄手で非常に柔らかい牛革です。重々しい迫力は無いのですが、
    非常に着易くヴィンテージ特有の丁度良いアジも出て抜群に良い雰囲気です。
    実は、このサイクロンに使われている革を完全にではありませんが、ある程度イメージして作ったのが、
    何度か発売したADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのHORSEHIDE DARK BLUEジャケットです。
    経年変化の仕方は馬革と牛革の違いや仕上げの違いで変わりますが、羽織ったときの雰囲気はとても近いです。
    もちろんこの手の革はサイクロンだけに使われているのではなく、
    同時期のライトニングやブロンクス等にも使われています。

    これから夏になり本格的に暑くなりますが、寒くなるまで待っていてはこれくらいのレアピースは手に入りません。

    興味のある方は直接価格やサイズなどの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/29 ありがとうございました

    先週末に開催したADDICT CLOTHES 2011A/W 受注会には、
    予想を超えるたくさんのお客様にご来店いただきました。
    初めての試みでしたが、通常の発売時と違い全てのモデルを1度に見ることができましたので、
    じっくりサイズや色、素材の特色など吟味することができたと思います。
    オーダーをして頂いていた方の中には、今回初めて買っていただく方も多かったように思います。
    別にヴィンテージの知識はなくても、どうせ買うならいい物を着てもらいたいという思いがありますので、
    私としても新しいお客様に多く会え、良い刺激となった2日間でした。

    用意するサンプルの数や工場への発注のタイミングの関係で、こういった試みは頻繁にはできませんが、
    またいつか、何かイベントごとはしてみたいと思います。

    秋冬のラインナップは9月からデリバリーが開始します。
    その頃には少しだけですが、レザージャケット以外の物も登場しますので、またこちらでご紹介させていただきます。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/29 ありがとうございました

    先週末に開催したADDICT CLOTHES 2011A/W 受注会には、
    予想を超えるたくさんのお客様にご来店いただきました。
    初めての試みでしたが、通常の発売時と違い全てのモデルを1度に見ることができましたので、
    じっくりサイズや色、素材の特色など吟味することができたと思います。
    オーダーをして頂いていた方の中には、今回初めて買っていただく方も多かったように思います。
    別にヴィンテージの知識はなくても、どうせ買うならいい物を着てもらいたいという思いがありますので、
    私としても新しいお客様に多く会え、良い刺激となった2日間でした。

    用意するサンプルの数や工場への発注のタイミングの関係で、こういった試みは頻繁にはできませんが、
    またいつか、何かイベントごとはしてみたいと思います。

    秋冬のラインナップは9月からデリバリーが開始します。
    その頃には少しだけですが、レザージャケット以外の物も登場しますので、またこちらでご紹介させていただきます。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/19 EXHIBITION

    既に告知済みではありますが、
    21日(火)~24日(金)はADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 2011 A/W EXHIBITIONの為、
    店舗のほうを休業とさせていただきます。
    展示会に関しましては、INVITATIONをお持ちでないバイヤー様でも名刺をお持ち頂ければ入場可能です。

    そしてこちらも告知済みですが、展示会明けの25日(土)と26日(日)は一般のお客様向けの受注会になります。
    一般の方向けの開催は2日間だけになります。皆様、当日ぜひお会いしましょう。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE  
    石嶋 聡

  • 11/06/19 EXHIBITION

    既に告知済みではありますが、
    21日(火)~24日(金)はADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 2011 A/W EXHIBITIONの為、
    店舗のほうを休業とさせていただきます。
    展示会に関しましては、INVITATIONをお持ちでないバイヤー様でも名刺をお持ち頂ければ入場可能です。

    そしてこちらも告知済みですが、展示会明けの25日(土)と26日(日)は一般のお客様向けの受注会になります。
    一般の方向けの開催は2日間だけになります。皆様、当日ぜひお会いしましょう。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE  
    石嶋 聡

  • 11/06/16 受注会について

    先日告知しましたADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 2011A/W受注会ですが、
    多くのお問い合わせを頂いております。
    そこで簡単にですが詳細をこちらでご案内させていただきます。

    まず受注期間ですが、25日26日の2日間のみとなっております。
    営業時間は両日とも通常通り13:00~20:00となっております。

    全型ではありませんが、主要モデルに関しては試着用のサンプルをほぼ全てのサイズご用意しております。

    予約の場合は予約金として、販売価格の50%~お支払いいただくことになります。
    クレジットカードのご利用も可能です。

    デリバリー時期はそれぞれ異なりますので、当日ご確認下さい。

    遠方でご来店できないお客様からも多くお問い合わせいただいておりますが、
    基本的にサンプルを試着してサイズなどを確認しての受注になります。

    過去にご購入経験のある方や店頭で他のジャケットをご試着済みの方であれば、
    不良品以外の返品交換は不可になりますが、メールとお電話でもお受けできます。
    サイズに関して不明点がありましたら、直接店舗までお問い合わせ下さい。
    通販での予約の場合、予約金を28日火曜日の午後3時までにご指定口座にご入金頂くことになります。

    受注会前の展示会期間中には全てのサンプルが揃いますので、ブログで簡単な画像もご紹介したいと思います。

    それでは当日みなさまのご来店をお待ちしております。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 
    石嶋 聡

  • 11/06/16 受注会について

    先日告知しましたADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 2011A/W受注会ですが、
    多くのお問い合わせを頂いております。
    そこで簡単にですが詳細をこちらでご案内させていただきます。

    まず受注期間ですが、25日26日の2日間のみとなっております。
    営業時間は両日とも通常通り13:00~20:00となっております。

    全型ではありませんが、主要モデルに関しては試着用のサンプルをほぼ全てのサイズご用意しております。

    予約の場合は予約金として、販売価格の50%~お支払いいただくことになります。
    クレジットカードのご利用も可能です。

    デリバリー時期はそれぞれ異なりますので、当日ご確認下さい。

    遠方でご来店できないお客様からも多くお問い合わせいただいておりますが、
    基本的にサンプルを試着してサイズなどを確認しての受注になります。

    過去にご購入経験のある方や店頭で他のジャケットをご試着済みの方であれば、
    不良品以外の返品交換は不可になりますが、メールとお電話でもお受けできます。
    サイズに関して不明点がありましたら、直接店舗までお問い合わせ下さい。
    通販での予約の場合、予約金を28日火曜日の午後3時までにご指定口座にご入金頂くことになります。

    受注会前の展示会期間中には全てのサンプルが揃いますので、ブログで簡単な画像もご紹介したいと思います。

    それでは当日みなさまのご来店をお待ちしております。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE 
    石嶋 聡

  • 11/06/10 受注会

    再来週の6月21日(火)~24日(金)までADDICT CLOTHES 2011A/W展示会の為、
    期間中店舗は休業とさせて頂きます。
    店舗は営業しておりませんが、通販等には対応いたしますので通常通りお問い合わせ下さい。

    昨年末から色違いや型違いで数種類ライダースジャケットを発表してきましたが、
    色々なパターンが順不同に発売されるので混乱するという声も頂きました。
    製品によっては発売時期が決まっていなかったりボツになることもありますので、
    事前に全て発表できるわけではありません。
    ただ今回は全国のバイヤーさん向けに展示会を行うことになりましたので、
    間中今年発売するジャケットほぼ全てのサンプルが揃います。
    同時にフルラインナップが見られる良い機会ですので、
    展示会終了後の25日(土)と26日(日)の両日は、一般の方に向けて開放しようと思います。
    もし気に入って頂けるジャケットがある場合は当日予約を受け付けたいと思います。
    デリバリー時期や予約金等につきましては直接お問い合わせ下さい。

    毎回こういうことができるわけではありませんので、ご興味のある方はぜひお越し下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/10 受注会

    再来週の6月21日(火)~24日(金)までADDICT CLOTHES 2011A/W展示会の為、
    期間中店舗は休業とさせて頂きます。
    店舗は営業しておりませんが、通販等には対応いたしますので通常通りお問い合わせ下さい。

    昨年末から色違いや型違いで数種類ライダースジャケットを発表してきましたが、
    色々なパターンが順不同に発売されるので混乱するという声も頂きました。
    製品によっては発売時期が決まっていなかったりボツになることもありますので、
    事前に全て発表できるわけではありません。
    ただ今回は全国のバイヤーさん向けに展示会を行うことになりましたので、
    間中今年発売するジャケットほぼ全てのサンプルが揃います。
    同時にフルラインナップが見られる良い機会ですので、
    展示会終了後の25日(土)と26日(日)の両日は、一般の方に向けて開放しようと思います。
    もし気に入って頂けるジャケットがある場合は当日予約を受け付けたいと思います。
    デリバリー時期や予約金等につきましては直接お問い合わせ下さい。

    毎回こういうことができるわけではありませんので、ご興味のある方はぜひお越し下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/04 EARLY AVIAKIT DARK BLUE EUROPE

    今日は久しぶりに入荷したダークブルーヨーロッパのご紹介です。


    Lewis Leathers AVIAKIT 70’s EUROPE  DARK BLUE  Size 40

    今回ご紹介するヨーロッパは、
    いくつかあるヴィンテージヨーロッパのバリエーションの中でも初期型にあたる時代の物です。
    ジャケットによって存在するカラーの数が大きく異なるということは以前のブログで既にご紹介済みですが、
    実はヨーロッパはそれほどダークブルーが少ないわけではありません。
    この辺は数の多いライトニングにダークブルーが少ないのと全く逆ですね。
    ヨーロッパの場合、どちらかというと80年代初頭の物にダークブルーが多く、
    それらは当時日本にも輸入されていました。
    当時バイクのギアとして大枚はたいてセットアップで購入していた人達も多かったようです。
    しかしダークブルーの数が多いと言っても物がヨーロッパだけに今ではほとんど入荷がなくなりました。
    今回の入荷も約1年ぶりくらいでしょうか?

    今回のダークブルーカラーは通常の色味と少し異なり、群青色のような独特のダークブルーカラーです。
    このカラーは初期のファントムやスポーツマンにも見られる、
    70年代初頭から中期頃までに使われていた色味だと思われます。

    せっかくなんで通常のダークブルーヨーロッパと今回のヨーロッパを比べてみましょう。

    全然違いますね。通常のダークブルーももちろんかっこいいのですが、
    今回のヨーロッパは独特の存在感があります。
    革も古いヨーロッパは比較的コシが強い物が多く、着用後のシワがくっきりと入りヴィンテージらしさが満載です。
    コンディションにも問題はありません。

    ダークブルーヨーロッパ自体久しぶりに入荷しましたが、このカラーのヨーロッパはまず見つからないと思います。

    興味のある方は直接価格やサイズ、状態などの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/04 EARLY AVIAKIT DARK BLUE EUROPE

    今日は久しぶりに入荷したダークブルーヨーロッパのご紹介です。


    Lewis Leathers AVIAKIT 70’s EUROPE  DARK BLUE  Size 40

    今回ご紹介するヨーロッパは、
    いくつかあるヴィンテージヨーロッパのバリエーションの中でも初期型にあたる時代の物です。
    ジャケットによって存在するカラーの数が大きく異なるということは以前のブログで既にご紹介済みですが、
    実はヨーロッパはそれほどダークブルーが少ないわけではありません。
    この辺は数の多いライトニングにダークブルーが少ないのと全く逆ですね。
    ヨーロッパの場合、どちらかというと80年代初頭の物にダークブルーが多く、
    それらは当時日本にも輸入されていました。
    当時バイクのギアとして大枚はたいてセットアップで購入していた人達も多かったようです。
    しかしダークブルーの数が多いと言っても物がヨーロッパだけに今ではほとんど入荷がなくなりました。
    今回の入荷も約1年ぶりくらいでしょうか?

    今回のダークブルーカラーは通常の色味と少し異なり、群青色のような独特のダークブルーカラーです。
    このカラーは初期のファントムやスポーツマンにも見られる、
    70年代初頭から中期頃までに使われていた色味だと思われます。

    せっかくなんで通常のダークブルーヨーロッパと今回のヨーロッパを比べてみましょう。

    全然違いますね。通常のダークブルーももちろんかっこいいのですが、
    今回のヨーロッパは独特の存在感があります。
    革も古いヨーロッパは比較的コシが強い物が多く、着用後のシワがくっきりと入りヴィンテージらしさが満載です。
    コンディションにも問題はありません。

    ダークブルーヨーロッパ自体久しぶりに入荷しましたが、このカラーのヨーロッパはまず見つからないと思います。

    興味のある方は直接価格やサイズ、状態などの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES  
    石嶋 聡

  • 11/06/02 TURQUOISE BLUE SUPER SPORTSMAN

    昨日スペシャルなジャケットが入荷しましたので、季節外れですがご紹介したいと思います。

    Lewis Leathers AVIAKIT 70’s SUPER SPORTSMAN Turquoise Blue Size 40 SOLD

    珍しいスーパースポーツマンのターコイズブルーです。過去にOPTI ZIPの80年代のモデルは何度も販売していますが、
    メタルジップのターコイズスーパースポーツマンは片手で数られる程しか販売していません。

    革は程よく厚みのある牛革です。ターコイズブルーのライトニングにも似た革が使われていることが多いです。
    画像では傷一つ無いような状態に見えるかもしれませんが、
    細かく見ると地の茶色が所々見えてきて良いアジが出てきています。
    画像でもわかるとおり、もちろん状態は上々です。

    70年代のパッドジャケットをはじめとするレーシングスタイルのジャケットには、
    当時のバイクの流行とも関係して派手なカラーが多いです。
    しかしご存知のとおりターコイズブルーはその中でも数が圧倒的に少ないです。
    更にレーシングスタイルのジャケットの中でも、スポーツマンはなぜかあまり数がありません。
    おそらくパッドジャケットに比べシンプルなデザインの為、
    これだけMONZAを初めとするパッドジャケットが売れていた当時の需要からすると、
    物足りなかったのかもしれません。
    現にヴィンテージのスポーツマンで34インチ~38インチ辺りのサイズが欲しいと思っても、
    なかなか良い物は見つからないと思います。

    ありそうで実は中々条件の揃わないジャケットです。
    ご興味のある方は直接価格やサイズなどの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES 
    石嶋 聡

  • 11/06/02 TURQUOISE BLUE SUPER SPORTSMAN

    昨日スペシャルなジャケットが入荷しましたので、季節外れですがご紹介したいと思います。

    Lewis Leathers AVIAKIT 70’s SUPER SPORTSMAN Turquoise Blue Size 40 SOLD

    珍しいスーパースポーツマンのターコイズブルーです。過去にOPTI ZIPの80年代のモデルは何度も販売していますが、
    メタルジップのターコイズスーパースポーツマンは片手で数られる程しか販売していません。

    革は程よく厚みのある牛革です。ターコイズブルーのライトニングにも似た革が使われていることが多いです。
    画像では傷一つ無いような状態に見えるかもしれませんが、
    細かく見ると地の茶色が所々見えてきて良いアジが出てきています。
    画像でもわかるとおり、もちろん状態は上々です。

    70年代のパッドジャケットをはじめとするレーシングスタイルのジャケットには、
    当時のバイクの流行とも関係して派手なカラーが多いです。
    しかしご存知のとおりターコイズブルーはその中でも数が圧倒的に少ないです。
    更にレーシングスタイルのジャケットの中でも、スポーツマンはなぜかあまり数がありません。
    おそらくパッドジャケットに比べシンプルなデザインの為、
    これだけMONZAを初めとするパッドジャケットが売れていた当時の需要からすると、
    物足りなかったのかもしれません。
    現にヴィンテージのスポーツマンで34インチ~38インチ辺りのサイズが欲しいと思っても、
    なかなか良い物は見つからないと思います。

    ありそうで実は中々条件の揃わないジャケットです。
    ご興味のある方は直接価格やサイズなどの詳細をお問い合わせ下さい。

    ADDICT CLOTHES 
    石嶋 聡

  • 11/05/26 Collection

    日中は随分暖かくなりましたね。
    そろそろライダースを着ることができるのは夜かバイクに乗るときだけになってきました。
    商品のほとんどがレザージャケットである私の店はこの季節になると一気に暇になるのですが、
    何も毎日遊んでいるわけではありません。
    次の秋冬シーズンに向けADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのほうも着々と準備を進めています。
    まだ正式に決まったわけではないのですが、
    通常の発売とは異なった形ですが、6月末頃にはお披露目できると思います。
    詳細は後日ご案内させていただきます。

    今日は前から書こうと思っていた記事を一気に書き上げたいと思います。
    他愛もない独り言だと思って興味のある方だけ読んで下さい。

    今日はタイトルにもあるコレクションという内容について書いていきたいと思います。

    私が作るライダースジャケットは、ヴィンテージのようにコレクションしてしまう物にしたいと日々思っています。
    普通に考えれば2、3着もあれば十分なライダースジャケットですが、
    私の店で販売するUK VINTAGE JACKETはデザインやカラーバリエーションの豊富さから、
    5着、10着持っている人もざらではありません。
    それは1つ1つに特別な魅力があり、その人たちを魅了しているからです。
    他のヴィンテージウェアや全く違う製品でもそういうものは数多くあります。
    コレクションしてしまう製品は新旧色々あると思いますが、
    それらはどれも説明されないとわからないような作り手の拘りや思いが詰まった物だと思います。

    現在のヴィンテージウェア市場を見回しても、ライダースジャケットはもちろん、違うジャンルのヴィンテージでも、
    ほとんどの場合当時から良いクオリティーの物を作り世に出していたブランドの物が、
    今でも評価されコレクションの対象になっていると思います。
    しかし現代では効率や売り上げ拡大のほうが強く求められますので、
    昔に比べ有名=物が良いではないような気がします。
    物が良い、と言ってもいろいろな意味があるので難しいところですが、私の作るライダースジャケットは、
    効率よりも一ライダースファンである私自身や、
    他の好きな人達の満足度を再優先しているので、少しずつそれに近づいていっているような気がします。

    日々追求を重ね、説明しなければ絶対にわからないような部分にも拘りがあります。
    ブログやウェブサイトの商品説明で書いていることはほんの一部です。
    ヴィンテージにそれほど詳しくない人にあまり多くを語っても頭に入りきらないと思いますし、
    押し付けがましくもなると思います。
    店頭で直接説明する場合は、接客させて頂ければその方がどういうことを吸収したいかが大体わかりますので、
    場合によってはしつこいぐらい説明させていただきますが、
    知れば知るほど他のタイプが欲しくなるのは私を初め、今まで買っていただいたお客様方が証明してくれています。

    ライダースに限ったことではありませんが、たまに自分はコレクターじゃないんで最低限持っていればいいです。 
    みたいな会話を聞いたり目にしたりすることがあります。
    しかも時にはコレクターというフレーズを少し馬鹿にしたようなニュアンスを受けることがありますが、 
    はたしてどうでしょう?
    物への拘りや追求なくして良い製品は生まれませんし、欲も出てきません。

    それに好きな物をたくさん持っている人達の多くは、
    おそらく自分のことをコレクターだとは言わないと思います。ちなみに私もそうです。
    例えばシリアルナンバーが1-100まで付けられているような物を集め場合は、
    それをコンプリートすることに意義があるのかもしれませんが、
    ヴィンテージウェアが好きで似たような物を複数所有している人の場合は、
    コンプリートするのが目的ではなく、
    ただ好きという理由だけでいつの間にかコレクションと言えるくらいの量になっているのだと思います。
    私も普通に考えればライダースは5着もあれば十分すぎると思いますが、結果的にその10倍は持っています。
    先ほども言いましたが、自分のことをコレクターとは思っていませんし、
    無駄な物を買ったとも思いません。無駄の無い生活なんてつまらないですよね。

    そういう他人からすると無駄とも思えることから新しいことや良い物が生まれるのだと私は思います。
    個人的には全てが平均的な物や人より、何かに特化しているお店や人に惹かれるし好きです。

    全てを上手く平均的に狙ったほうがこの世の中上手くやっていけるのかもしれませんが、
    私にはなかなかそれを受け入れるのは難しそうです。
    今年の秋冬シーズンからADDICT CLOTHESのラインナップはライダースジャケット以外も増えて行く予定ですが、
    マイペースに我が道を進んで行こうと思います。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE  
    石嶋 聡

  • 11/05/26 Collection

    日中は随分暖かくなりましたね。
    そろそろライダースを着ることができるのは夜かバイクに乗るときだけになってきました。
    商品のほとんどがレザージャケットである私の店はこの季節になると一気に暇になるのですが、
    何も毎日遊んでいるわけではありません。
    次の秋冬シーズンに向けADDICT CLOTHES NEW VINTAGEのほうも着々と準備を進めています。
    まだ正式に決まったわけではないのですが、
    通常の発売とは異なった形ですが、6月末頃にはお披露目できると思います。
    詳細は後日ご案内させていただきます。

    今日は前から書こうと思っていた記事を一気に書き上げたいと思います。
    他愛もない独り言だと思って興味のある方だけ読んで下さい。

    今日はタイトルにもあるコレクションという内容について書いていきたいと思います。

    私が作るライダースジャケットは、ヴィンテージのようにコレクションしてしまう物にしたいと日々思っています。
    普通に考えれば2、3着もあれば十分なライダースジャケットですが、
    私の店で販売するUK VINTAGE JACKETはデザインやカラーバリエーションの豊富さから、
    5着、10着持っている人もざらではありません。
    それは1つ1つに特別な魅力があり、その人たちを魅了しているからです。
    他のヴィンテージウェアや全く違う製品でもそういうものは数多くあります。
    コレクションしてしまう製品は新旧色々あると思いますが、
    それらはどれも説明されないとわからないような作り手の拘りや思いが詰まった物だと思います。

    現在のヴィンテージウェア市場を見回しても、ライダースジャケットはもちろん、違うジャンルのヴィンテージでも、
    ほとんどの場合当時から良いクオリティーの物を作り世に出していたブランドの物が、
    今でも評価されコレクションの対象になっていると思います。
    しかし現代では効率や売り上げ拡大のほうが強く求められますので、
    昔に比べ有名=物が良いではないような気がします。
    物が良い、と言ってもいろいろな意味があるので難しいところですが、私の作るライダースジャケットは、
    効率よりも一ライダースファンである私自身や、
    他の好きな人達の満足度を再優先しているので、少しずつそれに近づいていっているような気がします。

    日々追求を重ね、説明しなければ絶対にわからないような部分にも拘りがあります。
    ブログやウェブサイトの商品説明で書いていることはほんの一部です。
    ヴィンテージにそれほど詳しくない人にあまり多くを語っても頭に入りきらないと思いますし、
    押し付けがましくもなると思います。
    店頭で直接説明する場合は、接客させて頂ければその方がどういうことを吸収したいかが大体わかりますので、
    場合によってはしつこいぐらい説明させていただきますが、
    知れば知るほど他のタイプが欲しくなるのは私を初め、今まで買っていただいたお客様方が証明してくれています。

    ライダースに限ったことではありませんが、たまに自分はコレクターじゃないんで最低限持っていればいいです。 
    みたいな会話を聞いたり目にしたりすることがあります。
    しかも時にはコレクターというフレーズを少し馬鹿にしたようなニュアンスを受けることがありますが、 
    はたしてどうでしょう?
    物への拘りや追求なくして良い製品は生まれませんし、欲も出てきません。

    それに好きな物をたくさん持っている人達の多くは、
    おそらく自分のことをコレクターだとは言わないと思います。ちなみに私もそうです。
    例えばシリアルナンバーが1-100まで付けられているような物を集め場合は、
    それをコンプリートすることに意義があるのかもしれませんが、
    ヴィンテージウェアが好きで似たような物を複数所有している人の場合は、
    コンプリートするのが目的ではなく、
    ただ好きという理由だけでいつの間にかコレクションと言えるくらいの量になっているのだと思います。
    私も普通に考えればライダースは5着もあれば十分すぎると思いますが、結果的にその10倍は持っています。
    先ほども言いましたが、自分のことをコレクターとは思っていませんし、
    無駄な物を買ったとも思いません。無駄の無い生活なんてつまらないですよね。

    そういう他人からすると無駄とも思えることから新しいことや良い物が生まれるのだと私は思います。
    個人的には全てが平均的な物や人より、何かに特化しているお店や人に惹かれるし好きです。

    全てを上手く平均的に狙ったほうがこの世の中上手くやっていけるのかもしれませんが、
    私にはなかなかそれを受け入れるのは難しそうです。
    今年の秋冬シーズンからADDICT CLOTHESのラインナップはライダースジャケット以外も増えて行く予定ですが、
    マイペースに我が道を進んで行こうと思います。

    ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE  
    石嶋 聡